高齢者の事故

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「病院に行かな...」動転?車や壁に次々衝突 運転の80歳男性死亡 大阪・河内長野

31日午前10時40分ごろ、大阪府河内長野市南花台の市道で、近くに住む無職男性(80)運転の乗用車が道路標識に衝突。いったん停車後に再び走り出し、駐車中の乗用車や民家の外壁に次々にぶつかった。男性は頭などを強く打って病院に搬送されたが、間もなく死亡した。ほかにけが人はいなかった。

(次々と衝突する様子は、周りから見るとかなり恐怖だったように思えます)

 大阪府警河内長野署によると、男性は最初の事故を起こした後、「大丈夫か」と声をかけた近所の女性に「病院に行かなあかん」と言い残して再び走り出したという。同署は男性が最初の事故でパニックを起こした可能性があるとみて、詳しい原因を調べている。

 同署によると、男性の車は左折した直後に道路標識に衝突。さらに、約30メートル先に止まっていた乗用車にぶつかったが走り続け、約100メートル離れた民家の外壁に突っ込んで止まった。

(高齢化社会とはいっても、こうした事故が続くとかなり気をつけなくてはならないですね)(産経)