脳脊髄液減少症の後遺障害等級について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチーム(PT、古屋範子座長=衆院議員)は3日、衆院第2議員会館で同症患者・家族支援協会の中井宏代表理事らと意見交換した。同症は、体に受けた強い衝撃によって脳脊髄液が漏れ出すことで、頭痛や倦怠感などが現れる疾患。

中 井氏は、同症に効果的なブラッドパッチ療法を受けた患者のうち、「6割が交通事故外傷だ」と指摘する一方、労災保険や自賠責保険で「後遺障害等級が出たの は皆無だ」と指摘。その上で、今年、国内で労災認定された事例があった点に触れ、自賠責も労災基準にのっとって後遺障害の等級が認定されるよう訴えた。

(おそらく脳脊髄液減少症として認定されという言う意味ですね。)


古屋さんは、患者団体と連携して対策を進める考えを示した。

<公明党ニュース>