小樽ひき逃げ、被告が上告

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

小樽市で昨年7月、海水浴帰りの女性3人が死亡、1人が重傷を負った飲酒ひき逃げ事件で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた札幌市西区、無職海津雅英被告(32)が、控訴を棄却した札幌高裁判決を不服として、控訴期限の22日付で最高裁に上告した。

8日の高裁判決は、求刑通り懲役22年の実刑とした札幌地裁の裁判員裁判判決(今年7月)を支持。1審同様に危険運転の適用が争点となったが、判決は「運転態様の異常さからアルコールの影響で(正常な)運転が困難だったと認められる」として、危険運転を認定していた。

 高裁判決によると、海津被告は昨年7月13日夕、小樽市の道路で、飲酒により前方注視が困難な状態で車を運転。時速50~60キロで走行中に4人をはね、逃走した。