バイク男性死亡、路上にブロック置いた中2補導

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大阪市住之江区北島の府道で10月、バイクを運転していた男性が路上に置かれたコンクリート製ブロックに衝突し、死亡した事件があり、大阪府警住之江署は17日、府内の中学2年の男子生徒(13)を傷害致死の非行事実で補導し、児童相談所に送致した。

「事故が起こり、大騒ぎになるのが見たかった」と話しているという。

 発表では、男子生徒は10月22日午後11時35分~23日午前0時の間、歩道にあった円柱形のブロック(直径約30センチ、高さ約12センチ、重さ約16キロ)を車道に移して、バイクに衝突、転倒させ、運転していた同区安立の無職中山貢治さん(51)を死亡させたとされる。

 男子生徒は事故を確認した後に現場を立ち去っており、付近の防犯カメラなどから浮上。ブロックは看板を設置する土台で、一部から生徒の指紋が検出された。