女児2人はね1人重体、1人重傷 京都

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

17日午後4時5分ごろ、京都市南区東九条南河辺町の市道交差点で、乗用車同士が出合い頭に衝突した。うち1台が横転して、近くを歩いていた女児2人をはねた。同市立凌風小6年の女児(11)が頭を打って意識不明の重体、もう一人の女児(12)も重傷を負った。

 京都府警南署は、乗用車を運転していた同市西京区山田弦馳町の自営業、平山米男容疑者(55)と、兵庫県高砂市北浜町北脇の会社員、野々村嘉夫容疑者(44)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

 同署によると、平山容疑者の車が東方向へ、野々村容疑者の車が南方向に向かい、交差点に進入して衝突。平山容疑者の車が横転したという。交差点に信号はないが、東西を走る道路には一時停止の標識と停止線があった。

 2人の女児はクラスが同じで、別の友達の家に一緒に遊びに行く途中だったという。

 近所の人の話によると、現場は車の衝突事故が多い交差点で、住民から繰り返し信号設置を求める声が上がっていたという。