軽ワゴンでふらつき...市議、酒気帯び運転で摘発

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

高知県警交通機動隊は5日、高知県四万十市西土佐江川崎、小出徳彦市議(55)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発した。

県警によると、5日午前0時40分頃、同市中村本町の市道で巡回中の機動隊員がふらつきながら走行する軽ワゴン車を発見。運転していた小出市議から呼気1リットルあたり0・15ミリ・グラムを超えるアルコールが検知された。

 小出市議によると、同市内で飲酒し、車内で約2時間仮眠した後、車を移動させて代行タクシーを呼ぼうとしていたという。小出市議は読売新聞の取材に対し、「有権者の信頼を裏切ってしまい、申し訳ありません」と話している。