「焼酎」飲んでバイク運転の「中学校教諭」、女性はねて現行犯逮捕...市教委が謝罪

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

酒を飲んでバイクを運転したとして、姫路署は24日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で兵庫県姫路市立中学校職員、丸尾利久容疑者(47)=同市夢前町寺=を現行犯逮捕した。容疑を認め、「焼酎を数杯飲んだ」と供述しているという。

 同署によると、丸尾容疑者は同日午後7時10分ごろ、同市夢前町置本の市道で、歩いて帰宅中の女性会社員(39)に後方からバイクで衝突。女性は足を打撲するなどの軽傷で、丸尾容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、現行犯逮捕された。丸尾容疑者もバイクごと転倒しており、頭蓋骨などを骨折する重傷。

 同市では、10月に父親を殴り意識不明にさせたとする傷害容疑で市情報政策課係長の男(42)が逮捕、起訴されており、市は全職員に「服務規律の確保について」とする通知を出したばかりだった。

 事件を受け、姫路市教育委員会は25日、市役所で記者会見し、「被害者、市民の皆様におわびする」と謝罪。来月初旬に行われる校長会で綱紀粛正を徹底するほか、市内の幼稚園や小中学校、高校、養護学校の全145校に、教育長名の文書を出すことを明らかにした。