千葉県職員が酒気帯び運転容疑で逮捕される

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

千葉中央署は22日、酒を飲んで乗用車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、千葉市中央区千葉寺町、千葉県県土整備部副主幹、田村一晴容疑者(50)を、現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、22日午後4時45分ごろ、同区栄町の路上で酒気帯び状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、無灯火で走行していた田村容疑者の車を不審に思った警察官が職務質問して分かった。