JR宮崎駅前で軽乗用車暴走 2人死亡、運転の73歳も病院搬送

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

28日午後2時50分ごろ、宮崎市中心部の交差点からJR宮崎駅前にかけて軽乗用車が歩道上を約700メートル暴走し、通行人の男女6人を次々とはねた。宮崎県警によると、いずれも宮崎市の無職藤本みどりさん(66)と、会社員高木喜久枝さん(50)の2人が死亡し、東京都と宮崎県の17~68歳の男女4人が重軽傷を負った。

 車を運転していた鹿児島県日置市の職業不詳川内実次さん(73)も、外傷性くも膜下出血で病院に運ばれた。県警は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで調べており、川内さんの回復を待って事情を聴く。捜査関係者によると、県警はてんかんの持病があったとの情報を把握しており、慎重に調べる方針。てんかんは薬で発作を抑えることができ、適切な治療を受けていれば運転に支障はない。

 宮崎駅前の大通り沿いにオフィスビルやマンションが立ち並ぶ一角。車は市中心部のデパート前の交差点付近から歩道に進入して暴走した。

(危険運転過失致死の適用でしょうか)