自動ブレーキの誤作動で交通事故発生 リコール

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(事故を防ぐはずの機能が事故を誘発させるとは言語道断です)

衝突の危険があると自動でブレーキをかける衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が誤作動を起こす不具合があったとして、トヨタと三菱自動車が今月に入って相次いでリコールを届け出た。

(そこまで不完全なものを発売していたとは、、、)
 ドライバーの意図に反してブレーキがかかるため、後続車両に追突される事故も起きていた。

(新しい技術で不完全なものを)高級車に使って失敗するとは
 トヨタがリコールしたのは、同社の高級車ブランド「レクサス」の「IS350」やクラウンなど4車種で計約2万台。いずれも昨年末以降に発売されたばかりの新型車だった。

(まさに、余計なことを。という感じです。事故の責任は販売側にあるでしょう。)
 この不具合を巡っては今年5月、東京都葛飾区の首都高速道路で追突事故が発生。時速約30キロで走行していたところ、自動ブレーキが作動して10キロ未 満に減速、2トントラックに追突された。これ以外にも、4月下旬以降、「いきなりブレーキが作動した」などのトラブルが5件起きていたという。


<読売>