警察官が酒帯で事故 栃木県

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(なんと警察官が酒帯運転をしました)

さくら署は6月22日、道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で、那須烏山市田野倉、宇都宮東署刑事2課警部補、渡辺容疑者(56)を逮捕した。

(飲んだら乗るな。というより自宅から酒帯をするとは確定革新犯罪です)

逮捕容疑は 同日午後10時10分ごろ、さくら市氏家の県道で酒気帯び運転した疑い。県警によると、渡辺容疑者は「宇都宮市内に借りているアパートで500ミリリット ルの缶ビール2本と缶酎ハイ3本を飲んだ。買い物に行こうと思った」と容疑を認めている。

(警察官だけに見逃して等といったかもしれません)
 県警によると、渡辺容疑者はコンビニエンスストア駐車場へ入ろうとして軽乗用車と接触。飲酒検知で基準値を超えるアルコールが検出された。軽乗用車に乗っていた女性(35)と子供3人にけがはなかった。

(それにしても、指揮帯に加えて家族、しかも子供を乗せていたとは・・・)
 松田正司首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で深くおわびします。職務倫理を徹底し再発防止に努めます」とコメントした。

<サンケイ>