中央分離帯激突 3名死亡 三重県

  • 投稿日:
  • by

(運t年操作の誤りで3人が死亡です)

5月20日午前3時前、三重県伊賀市の名阪国道で男性7人の乗った乗用車が中央分離帯のガードレールに衝突しました。

(車外に投げ出されるという事は、そういった廉価な車両ということで、やはりこういったところには気を付けて車を選びたいです)
 この事故で、大阪府和泉市の会社員、藤原さん(22)と山口幸希さん(27)が車の外に投げ出されるなど、合わせて3人が死亡、3人が重軽傷を負いました。現場は緩やかな下りのカーブで、事故当時は雨が降っていました。

(運転者はどうなのでしょうか?)
 警察は、ハンドル操作を誤ったのが事故の原因と見て調べています。(TBS)