軽自動車で定員超過の死亡事故 大分県

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(高校生を含んだの乗務員超過での死亡事故です)

15日午後8時40分ごろ、大分県日田市夜明の国道211号で、男性会社員(19)運転の軽乗用車が道路脇の電柱に激突し、助手席の同市田島1、会社員、 河村文也さん(18)が全身を強く打って間もなく死亡、男性は意識不明の重体。県警日田署によると、後部座席には同市内の同じ高校に通う女子生徒4人がお り、うち2人が骨を折るなどの重傷、2人が軽傷という。同車両の定員は4人。

(若気の至りでは許されません。2人も定員をオーバーしているうえに死亡事故とは)
 同署の調べでは、現場は左カーブを抜けて直線になる見通しの良い片側1車線。軽乗用車は反対車線側の電柱に衝突後、水田に転落した。6人は知人同士とみられる。【毎日】